スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
危険な子供の「毛染め」
Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 子供の毛染め、ご用心 弱い頭皮…炎症・ショック症状の恐れ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000902-san-soci

別に子供だけでなく、普通の大人にとっても「毛染め」は体に良くないのですが、
子供にはさらに良くないそうです。


>子供の髪の毛を染める親が増えている。「かわいいから…」と軽い気持ちで
>染めてしまうケースが多いようだが、ご用心。染毛剤に含まれる化学物質の一部には、
>皮膚炎やショック症状などのトラブルを引き起こす恐れがあるという。
>「まだ頭皮が弱い子供たちに使うのは避けてほしい」と、専門家は注意を
>呼びかけている。

>髪の毛を染めるには、ヘアスプレーなど「染毛料(化粧品)」で一時的に
>色を変えるか、色持ちが長期間続く「染毛剤(医薬部外品)」を使うかの、
>2種類の方法がある。頭皮のトラブルは主に後者の染毛剤が引き起こすが、
>都の調査では染めた経験のある子供の8割以上が染毛剤を使用していた。

> 染毛剤は、主にメラニン色素を壊す脱色剤と、脱色と化学染料の浸透を
>同時に行う酸化染毛剤に分けられる。生活安全課によると、脱色剤に含まれる
>過酸化水素は皮膚や目に刺激が強く、酸化染毛剤に入っているパラフェニレンジアミンは
>ぜんそくや腎臓障害、アナフィラキシー(急性アレルギー反応)を発生させる可能性も
>あるという。

> いずれも初回は問題なくても、繰り返し使うことでかぶれなどのアレルギー症状が
>出ることがあり、症状が出れば以降はずっとアレルギー体質が続く恐れがある。


私も、高校~大学生までは結構脱色して染めていたのですが、化学薬品が
皮膚からかなり浸透するらしいことを知ってからは止めました。
(髪にもよくないし)

というか、髪染めていたから腎不全になったのだろうか!?
まさかそれはないと思うが...
スポンサーサイト

テーマ:美容と健康 - ジャンル:心と身体

【2007/07/26 18:07】 | ニュース

腎臓病 日記


腎不全患者が、毎日のことを記していくだけの日記。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

タグリスト

これはひどい 普通 マジで? おお! 難しい しんど... 良い感じ 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。