スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
足に何度も噛み付いて家事を知らせてくれた犬
飼い犬が足に噛みつき、少年を火災から救う | エキサイトニュース

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081199871113.html

飼い犬が飼い主の足に噛み付き、家事であることを知らせてくれた、という
出来事があったそうです。
テレビみたいな話だけど、実際にこういうことってあるんですね..


>黒いラブラドール犬が13歳の少年の足に繰り返し噛みつき、彼を眠りから
>目覚めさせて家の火災から救った。クリストファー・ピーブルズさんは
>自宅の地下室で友人ふたりと夜を過ごしていたが、金曜の朝、飼い犬の
>レーニーが足に噛みついているのを感じて目を覚ました。
>
>「トイレに行きたいのかと思ったけれど、彼女が僕を噛んだことは
>ありませんでした」と、ピーブルズさんは語る。
>
>彼と友人たちがレーニーといっしょに階段をあがったところ、煙が立ちこめていた。
>「僕たちは階段をのぼって、夢じゃないかと思いました。しかしドアを
>開けたら寒かったので、そこで夢ではないと悟りました」
>
>消防隊が午前10時頃に到着し、家の車庫とひさしが燃えているのを発見した。
>消防隊のマイク・ブーシーは、主に損害を受けたのは農場の家に付随した
>車庫だったと述べた。
>
>ビルランディ消防署長によれば、損害は推定2万5000ドル相当で、火元は
>車庫の電気加熱装置だったそうだ。
>
>ピーブルズさんの両親、デイヴさんとヴィッキーさんは、火災発生時は
>仕事に出ていた。彼らは息子とその友人たちが無事で安心したと語った。
>
>デイヴ・ピーブルズさんによれば、レーニーはクリストファーさんと彼の
>友人たちを家の外へ出した後ふたたび家の中へ戻って、彼が捕まえに行くまで
>出てこなかったという。
>
>デイヴさんは、息子とレーニーは「本当に親密だ」と言う。
>ヴィッキーさんは「レーニーはいつも息子を守っているのです」と語った。


なんとも忠実な犬ですね。
これからはいっそう仲良くなることでしょう。
私は犬を飼っていないので、こういう生活ってちょっと羨ましかったりもします。
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

【2008/01/11 14:21】 | ニュース

腎臓病 日記


腎不全患者が、毎日のことを記していくだけの日記。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

タグリスト

これはひどい 普通 マジで? おお! 難しい しんど... 良い感じ 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。