FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ありそうでなかった「あたたかい天然水」
こういうの、待っていました! 『あたたかい天然水』 | エキサイトニュース

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091198578257.html

伊藤園から、「あたたかい天然水」なるものが発売されたそうです。
私は普段ぬるい水を大量に飲んでいるので、これは結構良いかも。


>「あるといいのにな」「えっまだなかったの」と思う商品というのは意外と
>あるもの。そんな新商品が2007年10月に発売された。それは“あたたかい”
>ミネラルウォーター、伊藤園の『あたたかい天然水』(275ml 110円)。
>
>さっそく伊藤園にお話を聞いてみた。
>
>「ミネラルウォーター市場は、ここ10年間で3倍近くにまで拡大してきました。
>その成長にあわせるように、ミネラルウォーターの飲まれ方も季節を問わず、
>水分補給や薬の服用、ミネラル補給など、さまざまなシチュエーションや目的に
>合わせて利用されるようになってきました。そこで、これからは秋冬期に
>欠かせない温かい飲み物として飲んでいただきたい、ということで発売する
>ことにしました」
>
>なるほど。
>最初『あたたかい天然水』発売のニュースを聞いた時には、「あたたかい
>ミネラルウォーターって白湯ってこと?」などと「これって売れるのかな?」と
>ちょっと懐疑的に思ったのだけれど、よくよく考えてみると、これはなかなか
>ありがたい飲み物のように思う。
>
>冬場の寒い時期、外出先などでお腹の調子が悪い時など、冷たい飲み物は
>つらいけど水分は取りたい、お茶は胃に負担がかかるかもってな時には
>とってもいいような気がする。「ありそうでなかった」まさにそんな感じの商品だ。
>
>でもミネラルウォーターって温めると成分が変わってしまうということはないのだろうか。
>
>「カルシウムやマグネシウムの含有量が多い硬水では、温めるとミネラル分が
>浮遊してしまうということがありますが、『あたたかい天然水』で使用しているのは
>ミネラル成分がバランス良く含まれている銘水として人気の高い、長野県
>安曇野市で採水された硬度21mg/Lの軟水です。ですので温めてもミネラル分が
>浮遊することなく、おいしくお飲みいただけます」
>
>実は伊藤園では、『お~いお茶』シリーズの温かいお茶でも軟水を使用している
>とのことで、このあたりは実証済み。
>ちなみに『お~いお茶』はブランド名は同じでも、冷たいものと温かいものとでは
>味や香りを引き立てるためにそれぞれ中身が違っている。
>
>「『お~いお茶』の冷たいものと温かいものは、それぞれにおいしく召し上がって
>いただくために、使用している茶葉が異なっています。それにより、異なった味わい、
>香りに仕上げることができるのです。お飲みいただく温度によって、味覚が
>異なることを考えそれぞれに最適な設計としています」
>
>発売から4カ月目の『あたたかい天然水』。現在はまだすべてのコンビニエンス
>ストアでの取り扱いというところまで行っていないとのことだけれど、
>自動販売機やドラッグストアなども導入済みで、今後販売店も拡大して
>いていくのだとか。
>
>外出先での寒さ対策や、冷え性の方が暖をとる、あるいは薬やサプリメントなどを
>服用する時に利用しているという方もいるそうで、今後ますます需要は
>増えそうな気配。
>

これは他のメーカーも出してきそうですね。
やっぱり普通の白湯よりは味がさっぱりしているのだろうか?
とりあえず一度飲んでみたい気はする。
スポンサーサイト

テーマ:ドリンク - ジャンル:グルメ

【2008/01/04 13:57】 | ニュース

腎臓病 日記


腎不全患者が、毎日のことを記していくだけの日記。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

タグリスト

これはひどい 普通 マジで? おお! 難しい しんど... 良い感じ 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。