FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
サンタへの疑問を応えてくれる本
サンタへの疑問に一挙に答えてくれる本がある | エキサイトニュース

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091198081327.html

「サンタさんからおへんじついた!?」という、サンタへの疑問をまとめた
本があるそうです。
子供からの難題にも、これがあれば大丈夫!?


>作者の若林ひとみさんは「クリスマス研究家」として知られた有名な人物だが、
>この本はサンタ村に生まれ、サンタ村新聞局に入社した「ギッテ・ハーゲン」
>という人がまとめたものという設定。
>このギッテさん、世界中の子どもたちからくる手紙にいちいち返事を書いていたが、
>これがかなり大変で、「いっそ今までの質問をまとめて本にしちゃえ」ってことで、
>出した絵本ということらしい。
>
>疑問はまず、ど定番の「サンタクロースは、いるんですか?」から始まり、
>「サンタクロースはひとりしかいないのに、どうしてひと晩のうちに、
>世界中のこどもたちにプレゼントをくばることができるのですか?」
>「サンタさんは、今、何歳ですか? 100歳ぐらいですか?」「サンタクロースは、
>どこにすんでいるのですか?」「サンタクロースは、夏のあいだは、なにを
>しているのですか?」「えんとつがない家には、どこからはいるのですか?」
>などなど、実際に子どもたちによく聞かれる質問が満載。
>
>こういった本は、他にも類書があるが、この本の素晴らしいところは、
>回答の「ユーモア度」と「説得力」、「夢」と「もっともらしい現実感」
>とのバランスが、絶妙だという点だ。
>たとえば、「プレゼントをくばるとき、そりはどこにとめるのですか?」
>という問いには……。「そりは、ふつうは屋根の上にとめますが、屋根の上に
>じゅうぶんなスペースがないときは、道の上。道もせまいときは、どこかちかくに
>とめられる場所をみつけてとめます。たまに、町を歩いているサンタを見た、
>という人がいるのは、こういう事情からです」
>百戦錬磨のゆとりある回答には、大人も思わず唸らされることが多く、
>子どもだけでなく、大人もフツウに楽しめるし、子どもの質問ぜめ対策にも
>心強い一冊となりそう。
>
>ただし、残念ながら、この本は1992年発行で、現在は入手が困難となっており、
>復刊を希望する声も多いよう。
>図書館などでぜひこの機会に探してみては?


入手困難というのは残念。
Amazonでも4500円という値段が付いていました...
でもこれは読んでみたいな。
生きていく上での難題を解くヒントになるかもしれん...
スポンサーサイト

テーマ:クリスマス - ジャンル:育児

【2007/12/26 12:33】 | ニュース

腎臓病 日記


腎不全患者が、毎日のことを記していくだけの日記。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

タグリスト

これはひどい 普通 マジで? おお! 難しい しんど... 良い感じ 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。