スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
パラパラチャーハンのもと
簡単パラパラチャーハン用、調味料 | エキサイトニュース

http://www.excite.co.jp/News/bit/00091189014886.html

「Cook Do」シリーズに、「パラパラチャーハンの素」みたいのが出たそうです。
これだけで簡単に作れるならいいなぁ...


>8月に味の素KKから発売されたチャーハン用の調味料、「Cook Do 飯店炒飯」。
>これを使えば、誰でも簡単に、パラパラに仕上げることができるという。
>しかも、家庭にある油も使わないらしい。本当なのか。それはすごい。
>
>実際に、試してみた。
>基本材料として用意するのは、当たり前だがご飯。そして卵、ネギ。
>それから今回は冷蔵庫にあったハムを使うことにした。
>まずは、付属の調味油「特製 炒め油」で、ハムを炒める。この「炒め油」に
>秘密があるよう。それにしても、これから他に油を一切使わないというのが、
>やっぱり不思議だ。
>
>ジュワーという音をたてて、ハムと調味油が、激しく泡立つ。そこに次に溶き卵を投入、
>そして、いよいよご飯。ジャー! 最後に合わせ調味料を加えてできあがり。
>いいにおい。
>! パラパラだ、すげえ! コンロとフライパンも、いつも使ってるやつなのに。
>
>都内ホテルで行われた味の素新商品の発表会のときにも、会場のホテルシェフが、
>フライパンをふるいながら、「これは、なかなかすごいですよ」と、感心しながら
>試食用チャーハンを作っていた。このときは、家庭用コンロどころか
>カセットコンロだったのに、見事なパラパラチャーハンに。
>
>この調味油の実力とその秘密を、味の素株式会社にたずねてみた。
>「ふっくらパラパラに仕上がったチャーハンは、ご飯の1粒1粒が、油で薄く
>均等にコーティングされています。シェフがチャーハンを作るときは、卵が
>半熟のうちにご飯を入れて、手早くお玉で混ぜ合わせることで、ご飯の表面が、
>均一に卵で覆われます。卵の黄身にはレシチンという物質が含まれていて、
>これで油の表面張力が下がり米になじみやすくなり、均一にコーティングされ、
>パラパラに仕上がるんです」(広報・CSR部)
>「Cook Do 飯店炒飯」の「特製 炒め油」には、このレシチンが含まれているのだそう。これが、パラパラの秘密なのだ。
>
>「卵を半熟のうちに手早くご飯に覆わせる技術がなくても、『特製 炒め油』に
>含まれるレシチンが、ご飯の表面を覆うのです」
>卵の黄身の力を借りなくても、炒め油がご飯全体になじむから、というわけだ。
>「最初からご飯に卵を混ぜて、卵かけご飯のようにしてから炒める」という
>“裏ワザ”みたいなのもあるが、これはこれで、やはりどこかパラパラ感に
>欠けることも多かった。もたもたしてたら、あっという間に固まってしまう卵と
>違って、確かに油なら、混じりやすい。


これはちょっと試してみたいかも。
今までベッタリチャーハンしか作れたことないし。

味は3種類あるそうです。
スポンサーサイト

テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

【2007/09/07 13:26】 | ニュース

腎臓病 日記


腎不全患者が、毎日のことを記していくだけの日記。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

タグリスト

これはひどい 普通 マジで? おお! 難しい しんど... 良い感じ 

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。